たまには昔の話をしてみようか~牛乳パックノ巻~

 どうもジャミンです。

 

 僕のいた中学校には飲んだ牛乳パックを洗って乾かすという習慣がありました。

 

 乾いた牛乳パックは翌日にひらいて業者に回収してもらうのです。

 

 この牛乳パックを開く作業が何故か好きでした。手は臭くなるのですが。

 

 牛乳パックを開く作業は当番制で毎回決まった人がやっているのですが、それに関係なく僕はその作業を手伝っていました。

 

 僕の出身の中学校は大方3つの小学校出身の生徒で構成されています。

 

 3つのなかの1つの小学校出身の生徒は牛乳パックの開き方を知っています。

 

 そこの小学校の出身の人に牛乳パックの開き方を教えてもらいました。

 

 実は、牛乳パックを開くにはコツがありまして、牛乳パックの接続部分から順番に開いていけば綺麗に開けるのです。

 

 それを知るまでは、毎回違う部分から開いていたので上手くいきませんでした。

 

 懐かしい記憶です。

 

 この牛乳パックの開き方今の生活にも役に立っています。