たまには昔の話をしてみようか~塾ノ巻~

 どうもジャミンです。

 

 たまには昔の話をしてみよう。僕は中学3年生の頃に高校受験のために塾に通っていました。

 

 その塾は、通っていた中学校の近くにあって僕は中学2年の冬頃からその塾に通っていました。

 

 塾はクラス分けしてあって、僕は勉強が苦手だったので1番下のクラスにいました。

 

 授業中も生徒同士がしゃべったりして、教室内が結構うるさかった記憶があります。僕もしゃべっていたひとりなのでどうこういえないですが。

 

 塾に通っていたにもかかわらずテストの成績が良くなるわけでもなく、勉強をする習慣が身につくわけでもなかったので、塾に通った意味はなかったのかなと思います。

 

 塾に通ってよかったことは、友達とすごす時間が長くなったことですね。

 

 そんな僕はアッサリ高校受験にも失敗してしまい、私立の高校に通うことになりました。

 

 都会の方では私立高校は頭が良い人が通う学校ですが。地方では公立高校こそが至高で、私立高校は公立高校を落ちた人が行くところなのです。

 

 高校受験に失敗した時は、泣きそうでしたね。てか、泣いてましたねGReeeeNの「涙空」聞きながら。

 

 そりゃ、大して勉強なんてしてなかったのに公立高校に進学できるわけないよね。

 

 結局のところ塾に通ってもテストの成績が上がるわけではなく塾に通ってちゃんと勉強する人はテストの成績も上がって受験にも成功するのかもしれません。

 

 これから塾に通われる方は、ちゃんと勉強しましょう。