「100日後に死ぬワニ」から学ぶこと(笑)

 どうもジャミンです。

 

 インスタ見ていたらまた面白い投稿見つけてしまいました。

 

 その名も、「100日後に死ぬワニ」から学ぶこと

 こちらの投稿はまさはるさんの投稿です。

 

【あっという間に100日経った】

 ついこの間まで、「死ぬまであと80日もあるのか」と思っていましたが、もう死んでしまいました。早くないですか?そうこうしているうちに、一年のうちの100/365が過ぎ去ってしまったのです。この事実に直面し、僕は焦っています。

【100日間で成長できたか】

 100日前は、2019年12月11日です。その頃の自分と今の自分を比べてみて、どれくらい成長しているでしょうか?2019年12月11日から今日まで、あっという間に時間が経ちました。僕たちがどんな生活を送ろう、時間は一定に過ぎていきます。この期間、日本で最も成長したのは作者のきくちゆうきさん自身でしょう。フォロワーが1万人から200万人になり。100日間で国民的知名度を手に入れました。それに比べると僕たちの成長は足元にも及びません。

【100日がんばろう】

 僕たちはこの100日間で十分に成長できていません。ならば次の100日で圧倒的成長をすればよいのです。ならば、次の100日で圧倒的成長をすればよいのです。勉強でいうと、数学や英語は100日=約3ヶ月で結果が出てくるものです。

 100日後は2020年6月28日。それまで毎日何かに打ち込んでみてください。あっという間に6月28日はやってきます。今すぐ計画をたて、100日間頑張りましょう。6/28に今日を振り切って、成長できると良いですね!

 

次からは僕の意見です。

 

「100日後に死ぬワニ」だけでどんだけ文章書いとんねん。作者のきくちゆうせいさんのフォロワーが1万人から200万人なったことを成長だってよ。それが成長っていえんのかよ。なぁ、まさはるは志がどんだけ低いんだよ。

 

「フォロワー増加=成長」ってとらえるその考え方が浅はかなんだよ。

 

 さらに「僕たちの成長は足元に及びません」だとよ、どの目線でこの発言しとんねん。少なくともよ、本当かどうかわかんない現役東大生っていう身分にあぐらかいて、受験生に向けて受験勉強のコツを教えているお前以外の全人類は成長してるわ。

 

 じゃあ俺も大学1年生の頃は1勝もできなかったっていう本当かどうかわかんない歴史を棚に上げて、ソフトテニスの技術面の記事でも書こうかな。