左利きに目覚める

f:id:benten029029:20171128225015p:plain

どうもお久しぶりですジャミンです

 

またもやブログの更新を怠ってしましいましたすみません

 

レポートとテストが被ってしまってなかなか更新できませんでした

 

申し訳ないです

 

気を取り直して本題にもどります

 

つい最近、急に左手って全然使わないなぁーと思い

 

よし!使ってみようと思い左手を使い始めました

左手を使うといっても食事の時だけなんですけどね

 

流石にテニスの時に左手を使うとかなり支障がでるのでやっておりません

 

だけど、利き手じゃない方で箸を握って食事するだけでも多少は支障がでるんですけどね

 

左手を使うようになって起こった変化

普段使わない左手を使っていることによって、食事に掛ける時間は長くなりました

 

いつもは15分くらいですむ食事が左手を使うことによって30分くらい時間が掛かるようになりました

 

「思ったより変わんねーな」と思っている人もいると思いますが

 

完璧に左手だけを使っているわけではないのでご了承ください

 

やっぱり、あったかい食事はあったかいうちに食べることがマナーだと思うんですよ

 

なので、実際は右手も使っています。

 

改めて思ったことですが、利き手じゃない方で食事するのは難しい

 

距離感とか、箸を入れるを角度などが全然わかりません

 

しかし、利き手ではない左手を使うことによって右脳の発達の手助けになるので良いかもしれません

 

ちなみに、右脳は直感力、音楽力、図形力、全体を見渡す力、空間認知力(音楽、絵、想像、幾何学、総合力)に優れているらしいです。

 

普段やらないことをやるって楽しいですよね!