「デッドプール」の感想(ネタバレなし)

 

    f:id:benten029029:20170620233309p:plain

 

 

予告を見て一目惚れして絶対みたいと思ったのでDVDを借りてきて早速見ました。やっぱり予告通りで期待をまったく裏切らない最高の作品でした。これから語るのは個人の感想なので悪しからず。

 

キャスト

ウェイド・ウィルソン/デットプール(ライアン・レイノルズ)

f:id:benten029029:20170620232948j:plainf:id:benten029029:20170620232648j:plain

ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)

f:id:benten029029:20170621090826j:plain

ウィーゼル(T・J・ミラー)

f:id:benten029029:20170621091643j:plain

フランシス / エイジャックス(エド・スクライン)

f:id:benten029029:20170621091101j:plain

あらすじ

主人公であるウェイド・ウィルソンがヴァネッサと幸せな生活をおくっていたが、ウェイドが癌になってしまった。ヴァネッサはウェイドのために治療法やいろな病院のパンフレットを持ち寄ってくるがウェイドは全く興味をしめさない。そんな中、いつもの酒場にウェイドが訪れるとウェイドを探しに来たというスーツの男に会う。何故かスーツの男はウェイドが癌であることを知っていた。その男はウェイドに癌治療の話を持ち掛けた。ウェイドは癌治療のために男に命令された場所に向かうが。そこでは、フランシスが人体実験を行なっていた。ウェイドは実験に成功し癌は完治したがその影響で顔が変形してしまう。顔の変形を見たウェイド怒り狂いフランシスへの復讐を誓う。

俺ちゃん(デッドプール)最強すぎて手に負えない

デッドプールはスーパーヒーローらしくない行動をとるため同じミュータントによく思われていないんです。理由は、劇中の戦闘シーンを見ていただけたら良くわかると思います。

 

しかし、そのスーパーヒーローらしくない行動こそがこの映画の醍醐味なわけです

 

彼こそ、前代未聞の無責任ヒーロー

 

戦闘シーンでは次々と人を殺していくわけですが、それがとても爽快で気持ちがスッキリします。見るだけでストレス発散になるかもしれません

ほぼ無双ゲーム状態です

 

この映画では様々な映画がネタとして使われているので、そこに注目して映画をみることもオススメします

 

※少しグロテスクな場面もあるので、苦手な人は注意してください

 

 

デッドプール [DVD]

デッドプール [DVD]